父さんはひとごろし

ノレソレさんの漫画「父さんはひとごろし」がネットで話題になっています。

⇒ 父さんはひとごろしを読んでみる

父さんはひとごろしと衝撃なタイトルですが、ゾクゾクするストーリーが面白いと人気に。

現在、コミックフェスタで12話まで公開中です。無料お試し読みもあります。

[ComicFesta]【一般】父さんはひとごろし【フルカラー】.ver1.2.1

父さんはひとごろしのあらすじ

「僕の父さんは殺人鬼かもしれない」過去の連続殺人、身近で起きた猫殺し…今まで過ごしてきた幸せな日常は全て偽りだったのか…?–彼女との初体験を経験し帰宅した主人公・駿は、少し過保護だが優しい父親といつも自分を暖かく見守ってくれる母親と夕食を囲み、満ち足りた日常を噛み締めていた。だが父親があるTV番組に釘付けになっていることに気付いてしまう。『目潰し連続殺人事件』かつて日本を震撼させた凶悪な少年犯罪の特集を観ながら、父は確かに笑っていた…–25年の沈黙を破り、惨劇の幕が再び上がる…。

父さんはひとごろしの配信話

1話::14歳の初体験、夏のはじまり。
2話:目潰し連続殺人事件
3話:父さん、何やってるの?
4話:あんなのは父さんじゃない。
5話:唯一の生き残り
6話:残酷な真実
7話:一枚の写真
8話:触れてはいけない過去
9話:淫欲と恐喝の単独取材
10話:羨ましい家族
11話:復讐の刃
12話:やっとこの男を殺せるよ。

父さんはひとごろしの登場人物

・中山駿:平凡な14歳の少年。
・中山雅行:駿の父親。
・中山愛子:駿の母親。
・百瀬茉莉:駿の彼女。
・野崎誠:駿のクラスメイト。
・戸叶紗江子:「週刊新報」の記者。

父さんはひとごろしの感想

著者のノレソレさん自体知らなかったのですが、ネット広告で見つけた「父さんはひとごろし」。サイコサスペンス的な内容でところどころゾッとする場面もありますが、とてもストーリーに引き込まれる漫画でした。実の父親が過去の残酷な殺人事件の犯人と疑う主人公の葛藤がよく描かれているなぁと思いました。また画も綺麗で個人的には好きな感じです。結末がかなり気になりますが、もうすぐ完結と思うと寂しい感じがします。本当に犯人は父親なのかなぁ。めっちゃ気になる~。